授業書《空気と気圧》に使うプラスチックの板について

イッセイです。厚すぎても薄すぎてもいけないのがプラスチックの板です。管理にも気をつけましょう。

演示に適したプラスチック板

授業書作成者の竹田美紀子さんによると,「演示をするのに適しているのは百円ショップの下敷きだ」ということです。

たしかに,適度な厚さです。厚すぎもせず薄すぎもせず,きっちり結果が出ます。

ハサミで切ったところ

A4の下敷きを4分の1にハサミで切りました。

強力な粘着テープを使って,荷造り用のひもをはりつけたら完成です。

第2部の実験をするときに

「使い古しのプラスチックのコップを使うと失敗することがある」ということは竹田美紀子さんからうかがっていました。そこで,毎回,授業のたびにあたらしいプラスチックのコップで実験しています。

それなのに,今日は演示を失敗してしまいました。

くっつくことなくコップが落ちてしまうのです。

最初はどうしてなのかわかりませんでした。

生徒に回覧して実験してもらっていたセットが戻ってきたので,そちらで再度やるとちゃんとくっつきます。

何が違うのだろう?と思って,よくみると原因が判明しました。

真上から見ていたのでは全くわかりませんでした。

横から見て,初めて気づきました。曲がっている!

プラスチックの板が曲がってしまっていたのです。

きっと,実験道具入れに保存している間に曲がってしまったのでしょう。

こんなところに失敗の要因があるなんて!

実験道具のチェックをする視点が一つ加わりました。