ブラウザで動くフリーソフトのMolViewで,原子を一つ一つ描いて分子模型をつくりましょう

イッセイです。原子を描くことによって構造式を描き,それを3Dの分子模型にすることが,MolViewならできます。すげー!

原子を一つ一つ描いて〈酢酸の構造式〉をつくりましょう

MolViewの画面を,まずはブラウザにて出しましょう。

ブラウザで動くフリーソフトのMolViewで,分子模型をコンピュータでグリグリしちゃいましょう

Cを置きました

ためしに酢酸を描いてみることにします。そこで,「構造式を描く白い画面」に,炭素原子を置きました。

C-Cにしました

最初に置いた炭素原子の上でクリックし,そのままずりっとドラッグします。

すると,「C-C」ができます。

さらにOをつなげます

Oを選びます。

それから,Cをクリックしてから,そのままずりっとドラッグすると,Oを結合することができました。

=Oにするために,まずは=Cをつけます

こんどは二重結合「=」をえらんで,Cをクリックします。すると,二重結合の炭素がくっつきます。

「O」酸素を選んでから,二重結合の炭素をクリックすると,炭素が酸素に置き換わります。

=Oになりました

これで,水素以外の酢酸分子を描いたことになります。

つまり,酢酸の骨格を描けたはずです。

「ほんとうに描けたのか」を確かめるには,「ホウキ」をクリックするとよいです。

酢酸の構造式が描けていました

すると,たしかに酢酸の構造式となっています。

今度は「2D to 3D」をクリックします。

3Dモデルができあがりました!

すると,3Dモデルが右の「構造式を3Dにした黒い画面」にできあがりました。

こんなふうにグリグリできます (^ω^)

硫黄分子を描いてみましょう

Sをつなげて8つにしました

「S」を置いて,それをクリックしながらドラッグして,またクリックしながらドラッグして,,と繰り返していって8このSが円になったものを描いたところです。

見栄えよくしました

「ホウキ」をクリックすると,構造式の見栄えをよくすることができます。

つづいて「2D to 3D」をクリックすると,硫黄分子の完成です。

硫黄分子の完成

3Dの分子はグリグリと動かすことができます。