デンドロビウムを家に取り込みました

イッセイです。ランの仲間のデンドロビウムを家に取り込んで,寒さをしのいでもらい,花も楽しませてもらおうという作戦を決行しました。

目次

デンドロビウムの外での姿

ヘゴ板にデンドロビウムを着生させて育てています。

デンドロビウムは,明るい日陰の植木鉢の棚に吊り下げて,夏を過ごしてもらっています。

Outside Dendrobium
デンドロビウムを棚に吊り下げています
Outside Dendrobium
ヘゴ板に育てているデンドロビウム
Cyathea spinulosa
ヘゴ棒に育てているデンドロビウム
根がしっかり育ちました。

気温が4℃を下回るようになったので,寒冷刺激はもう十分だと判断して家に取り込むことにしました。

アルミの針金で支柱を作り,プランターの受け皿に置いています

Aluminum wire
アルミニウムのワイヤーで枠を作っています
Saucer
枠を立ててヘゴ板とヘゴ棒を吊り下げました

アルミニウムの針金を使って横から見るとLになるように枠を作り,プランターの受け皿に立てます。

そこにヘゴ板を置いて,上を針金で止めました。

不安定ですが,なんとか自立して立っています。

玄関にてランの花でお迎えします

家の中で

寒冷刺激を与えましたから,ちゃんと咲いてくれることでしょう。

毎年,三ヶ月ぐらい咲いてくれます。

お客さんのお出迎えをランにしてもらっています(^ω^)