サボテン:縮玉の成長記録

イッセイです。「ちぢみだま」というサボテンを育てています。その実生からの成長記録です。これからずっと記録していこうと思います。無事に育ってね!

縮玉:ちぢみだまの花と実

2016年5月19日に買ったサボテンの鉢には「縮玉」という名前がついていました。

買った時の縮玉

縮玉という園芸名からたどると, Echinofossulocactus zacatecasensis という学名のようです。

2019年3月30日:花が咲きました。

2019年4月13日:花はしおれています。

2019年5月4日:縮玉がりりしく写りました。

2019年5月16日:コロコロとしたものがあります。何かのウンコ?

いえいえ,ひょっとして,タネ?!

花が咲くサボテンはあっても,タネができたのは初めてです。うれしー。

それにしても,気づけてよかった。あぶなかったー!

大慌てで,サボテンの上に残っていた果実を取り出しました。

すると,なにやらタネらしきものが見えています。

一つ一つ丁寧にピンセットでとりだしました。タネです!

2019.5.23

飯島健太郎『サボテンライフ』(山海堂 2006年)のやり方でタネを植えることにしました。

1)ガーゼにくるんで流水で洗ってから乾かします。タネの周りに残っていた果肉を餌にしてカビが生えないようにです。

2)鉢に川砂を半分ほど入れ,鉢ごと水につけて十分に水を吸わせます。

3)一つずつ丁寧にタネを蒔いていきます。

4)鉢にラップをして,レターケースに置きます。そして,レターケースには1cmほどの水深に水を入れます。「腰水」というやり方です。

腰水のようす

こうして播種してみたのでした。

2019.6.1

発芽しました!!!

根毛がすごく立派です。

2019.6.5

ちょっと大きくなりました。緑色もしっかりしてきました。

がんばれよー!

2019.6.9

頭の形が変わってきました

本葉がではじめたのでしょうか,頭の形が変わってきました。

本葉の棘が出てきそーです。出てくるのが楽しみです。