モルックスで,イワシ油に入っている,EPAをつくりましょう

イッセイです。授業書《あかりと文明》に関連して,モルックスでエイコサペンタエン酸=EPAを作ってみました。

目次

EPAの材料

material
4面体炭素,3面体炭素,二重結合炭素,1面体酸素,2面体酸素,水素,ジョイント

エイコサペンタエン酸=EPAは,DHAと同じく,イワシ油に含まれている主成分です。

使うのは,4面体炭素を9こ,3面体炭素を1こ,二重結合の炭素を5つ,1面体酸素を1つ,2面体酸素を1つ,水素を30こ,ジョイントを46こです。

EPAの骨格をつくります

EPA skeleton
EPAの骨格

DHAは円になっていましたが,EPAはあと少しで届かない感じです。構造を見てみましょう。

EPA materials

(1)は,「酢の仲間ですよ」という目印の部分の,カルボキシル基です。

(1)

3面体の炭素の原子ブロックに,1面体の酸素と2面体の酸素をくっつけます。

2面体の酸素には,水素もつけると,カルボキシル基のできあがりです。

(2)
(2)

(2)は,4面体の炭素の原子ブロックを3つくっつけたものです。

(3)
(3)

(3)は,4面体の炭素の原子ブロックと,二重結合の炭素をくっつけたものです。これを5つ作ります。

(4)

(4)は,4面体の炭素の原子ブロック,1つです。

EPA materials
まずは並べましょう

(1),(2),5つの(3),(4)を図のように並べましょう。

それからジョイントでつなぐと,EPAの骨格のできあがりです。

このとき,「二重結合の炭素どうし,4面体の炭素どうしにはくっつかない」というのが原則です。最後の(4)だけは,4面体同士の結合になります。

骨格に水素をつけたら完成です

joint
ジョイントをすべての炭素につけます

骨格を作るすべての炭素にジョイントをつけます。

そこに,水素の原子ブロックをつけていきます。全部つけたら完成です。

Completion of EPA
EPAの完成です