恵蘇八幡宮近辺の,楠の巨木がすばらしい

イッセイです。朝倉市には,楠の巨木があります。九州ならではの巨木です。

目次

恵蘇八幡宮(えそはちまんぐう)

恵蘇宿近辺の地図

朝倉市の恵蘇宿(えそのしゅく)には,恵蘇八幡宮があります。

山田堰を守っているかのような八幡宮です。

筑後川の山田堰の取水の仕組みがわかった気がしました

esohatimanguu
鳥居と楠

昔から守られてきた鎮守の森が,ここにもあり,楠の巨木が聳え立っていました。

kusunoki

境内に上がると,漏刻(ろうこく)が展示してあってびっくりしました。

roukoku
漏刻
roukoku

水時計だそうで,もともとは,3つのカメから水を少しずつながして,4つ目に浮かせた矢の高さで時間を見ていたものだそうです。

残念ながら,すべての穴は塞がれていて,実働はしていませんでした。

でも,「ある」というのは,いいですね。

roukoku

水を流すところには,龍の彫り物がありました。

隠家の森(かくれがのもり)

kakureganomori
隠家の森

国指定の天然記念物になっている楠です。

kakureganomori

堂々としていました。

kakureganomori

公民館がすぐ脇にあって,その駐車場らしきところに車を止めさせてもらいました。