モルックスで,果糖:フルクトースをつくりましょう

イッセイです。モルックスで果糖を作ってみました。

果糖の骨組みをつくります

2面体の酸素1つと4面体の炭素4つをつけます。

「ジョイントの柔らかさを使って強引に」という感じです。

ぎゅっと押し付けていくと,だんだん平らな形になっていきます。

果糖の材料

(1)は,骨組みにジョイントをつけたものです。

(2)は,エチルアルコールの半身といった形です。

4面体の炭素に,2個の水素と1個の2面体酸素をつけます。2面体の酸素には,さらに水素をつけるとできあがりです。

(3)は,水分子の半身といった形です。

2面体の酸素に水素をつけて作ります。

(4)は,水素原子です。

果糖を組み立てます

果糖の骨組みをつくっている炭素原子は不斉炭素原子ばかりです。どこに何をつけるのかを間違えないようにしましょう。

(a)には,上に(2)のエチルアルコールの半身のようなのをつけます。そして,下に(4)の水素をつけます。

(b)には,上に(4)の水素原子をつけます。下には(3)の水分子の半身といった形(酸素と水素)をつけます。

(c)には,上に(3)の「酸素と水素」を,下に(4)水素をつけます。

(d)には,上に(3)の「酸素と水素」を,下に(2)のエチルアルコールの半身みたいなのをつけます。

モルックスでの果糖の完成

上から見た果糖
裏から見た果糖

今回作った果糖は,β-D-fructose というものです。

ブドウ糖とくっついてショ糖をつくる材料となるものです。