福岡たのしい授業フェスタ2019

イッセイです。今年も福岡たのしい授業フェスタが開催されています。

仮説実験授業をひろめたくて

福岡たのしい授業フェスタは、今谷清行さんが福岡に大好きな仮説実験授業を広めたくてずーっと取り組んでいる入門講座です。

宗像市で行なったり、春日市で行なったり場所の変遷はあるものの、ずっと続けています。

今年はメイトム宗像での開催です。

たくさんの駐車場があるし、緑ゆたかな施設で、会場も居心地がいい、いい施設です。駅から自動車で5分ほど。巡回バスが通ってくれています。

授業書《もしも原子がみえたなら》の日吉仁さんによる講座風景

仮説実験授業のみなさんがたくさん実践して多くの成果が上がっている授業書を中心として、授業の進め方、実験道具の準備の仕方、演示物の見せ方などを、そのときの生徒の反応などを含めてお伝えしています。

夏休み明けに、自分のクラスでも実施できそうだなって思っていただけるように工夫を凝らして講座を運営しています。

Orizomemoyoui
Orizome
Finished folding dyeing

古殿了一さんによる折り染めは、鹿児島の戸田創さんによるのとまた違う趣で、わざと色をにじませて楽しむやり方でした。

いやー!折り染めは奥が深いなあ!

そして、どれも見事だなあ。

私はというと、プラトンボのものづくり講座をさせてもらいました。今年の工夫をお伝えできて、それをとってもたのしんでくれる子がいて、うれしかったなあ!

明日が楽しみ(^o^)