「動画を〈限定した複数の人〉に配る方法」としてLINEはなかなかいいです

イッセイです。以前はデジタルビデオカメラを使っていましたが,今は動画配信ができるようになりました。今はLINEを使っています。

動画を配るのはいつも困っていました

部活動での試合の様子などデジタルビデオカメラで撮影して配ろうとしていた時期,いつも困っていました。

最初の頃は,Macにビデオカメラを接続して,編集したのちにDVDに焼いていました。コンピュータへの吸い込みに時間がかかるし,焼くのを失敗することもあって,実際に相手に渡すまでにいくつもの関門を乗り越えないといけませんでした。

次にやり始めたのは,デジタルビデオカメラをブルーレイレコーダーにつないで,ブルーレイレコーダーで焼くという方法です。

すると,なぜかブルーレイディスクは読めないという事故が頻発しました。金と時間をかけて作ったのに,読める人と読めない人がいるのは困ったことです。

iPhoneで撮影した動画がいい

道場生が親にiPhoneで撮影してもらったのを試合後にすぐにみている姿をみていると,拡大縮小も,巻き戻しも早送りもすべてiPhoneの中で簡単にできています。すばらしい!と思いました。

それで,iPhoneで撮影した動画をLINEでグループに配ればいいなと思いつきました。

LINEのグループなら,グループ外の人には見えないはずだし,みせたい人はグループだけにいるからです。

そこで,iPhoneで送っていたのですが,これがまた大変でした。

一つ送るのに時間がかかるのです。何か他の作業をしながら,ちょいちょい面倒を見てあげてやっと送り終えることができていました。

今,やっている方法を紹介します

まず,iPhoneの「カメラ」といったアプリを使って動画を撮影します。

「カメラ」で撮影した動画は,「写真」というアプリで見ることができます。

配りたい動画を見つけたら「選択」という青い字を探します。これをクリックすると選べるようになりますから,配りたいものを触っていきます。すると,チェックマークが入っていって選ぶことができます。

選んだら,下の方の共有ボタン(□と↑)をタップします。

すると,さまざまな共有の方法が出てきます。この中で私がMacにデータを渡すのによく使っているのはAirDropです。

AirDropは,アップル製品同士だと無線でデータのやり取りを簡単にできるというすぐれた方法です。

AirDropのところにでてきた自分のMacを選択すると,すぐにMacへのデータの受け渡しが始まります。

私のiPhoneとiMacだと4GBぐらいを1分以内で受け渡してくれます。気にならないぐらいの短い時間です。

LINEは,AppStoreから入手しました。

グループに送りたい動画をLINEのトーク欄にドラッグ&ドロップすると,投稿が始まります。

ひとつの動画あたり1分しないで送れます。

それだけでなく,同時に複数のファイルをドロップしたら,すべてのファイルを同時に流すことができます。

しかも,Macから送るととっても早いんです。

きっと,動画の処理をするスピードが,iPhoneよりもはるかにMacの方が早いのでしょう。

こうして,LINEを使ってグループに動画を渡すことができるようになりました。

時間と金を使ってブルーレイを焼いて,読めているのかなあなどと心配をしていた時代がウソのようです。無料のアプリを使って,見たい人に確実に渡せるのですから,すばらしいなと思います。