カリウムを水と反応させる

デーヴィーさんが発見したカリウムを,水と反応させてみます。

カリウムは石油に入れて厳重に保存しています

黒っぽいのがカリウムです

活性金属の一つのカリウムは,石油に入れて保存しています。

石油からカリウムを出してみました。石油との反応物質が白く覆っています。

カリウムの断面

カッターナイフで簡単に切ることができます。

切ると,赤紫色の金属光沢が見えます。見る間に錆びていきます。

水との反応の演示をする時には

小さいカリウムを濾紙にとりだして,カッターナイフで切ります。

新しい断面を出して,水との反応を速やかにするためです。

実験に使うガラス容器とフタ
ガラス容器とフタ

写真のようなガラス容器と,そのフタ(この場合はシャーレ)を用意します。

ガラス容器の底に濾紙を一枚しいて,水で湿らせます。

そこにカリウムの断面が水に触れるようにおいてから,すぐにフタをします。

カリウムと水との反応は激しくて,すぐに反応が進みます。

赤紫色の炎色反応も楽しめます。

白煙は有毒です。また,カリウムは反応の最後にパチっとはじけます。その音を聞くまではフタを開けないようにしてください。

水との反応の様子を,動画にまとめてみました。