授業書案《偏光板であそぼう》のために,偏光板を切りましょう

イッセイです。縦横25cmの正方形の偏光板を購入した時の切り方です。

困ってしまう正方形の偏光板

大きな偏光板を購入しようとすると,おそらく縦横25cmの偏光板となると思います。

ところが,正方形なのが困ったものです。

縦横どちら向きに切ったらいいのか一見しただけではわからないからです。

まずは向きを確認しましょう

牛乳パックを向こうにおいて,A4トレーに水をはって,水面に牛乳パックを映しています。このとき,黒い方がみやすいので,ラミネート加工した黒画用紙を底に沈めています。

水面で反射した像が見える場合
水面で反射した光がほぼ消えた場合

まずは,正方形の偏光板を手に持ち,偏光板を通して水面に写った像をのぞいてみましょう。

すると,どちらを水平にした時に像が消えます。

反射した光が消えたときの向きのまま,このように切ります。

消えて見えた時の水平の方向を5cmに,縦の方向を4cmに切りましょう。

すると,長方形を横長に持った時に水面の光が消えるようになります。

これが,授業書にて実験に使う偏光板です。

一人2枚配るとすると,これで15人分を作ることができます。