発泡スチロール球で,FADをつくりましょう

FAD

イッセイです。酸素で燃やして生きている生物にとって重要な分子であるFADを発泡スチロール球で作りましょう。

目次

FADの構造

FADは,Flavin Adenine Dinucleotide の略です。

フラビンアデニンジヌクレオチドと読みます。

酸素を使って生きている生物においては非常に重要な物質です。もちろん,人にとっても(^ω^)

何に重要なのかというと,NADと同じく,酵素が働く時に必要な物質=補酵素の一つです。

発泡スチロール球で,NADをつくりましょう

人は,自分でつくれないので,食べ物として材料を取る必要がある一群の物質があります。ビタミンという名で呼ばれる物質です。FADの材料のビタミンB2(リボフラビン)は,その一つです。

FAD
FADの構造式

FADDは,ジヌクレオチド=二つヌクレオチドがあるよという名前です。

NADと同じく,FADも二つのヌクレオチドがくっついた形の分子です。

dinucleotide
ジヌクレオチド

FADの構造式を色分けして,部品がわかるようにしてみました。

リボフラビンをふくむヌクレオチドと,アデニン+リボース+リン酸のヌクレオチドの二つあることが見えます。

FADを組み立てましょう

FADの部品を,以下のページをもとに作って準備しましょう。

発泡スチロール球で,ビタミンB2(リボフラビン)をつくりましょう

発泡スチロール球で,アデニンを作りましょう

発泡スチロール球で,リン酸をつくりましょう

発泡スチロール球で,リボースをつくりましょう

部品を並べましょう

FADの部品を並べました

二つのリン酸の間においている酸素は,24mmで接するように2回切ってそれぞれの面に磁石を埋め込んだものです。

FADの完成です

FAD
FAD

部品をつけていくと,FADの完成です。

Molviewでも作ってみました。