発泡スチロール球で,一酸化炭素・二酸化硫黄をつくりましょう

イッセイです。授業書《もしも原子がみえたなら》にでてくる「からだにわるいガス」の分子をつくってみましょう。

一酸化炭素をつくりましょう

35mm球を黒く塗ったものが炭素原子です。

30mm球を赤く塗ると,酸素原子です。

発泡スチロール球にペンキで色を塗りましょう

それぞれ1個用意します。

炭素原子も酸素原子も,30mmの孔定規にのせてから電熱線カッターで切ります。

発泡スチロール球を1億倍の原子模型と見立てるときに

木工用ボンドを断面にそれぞれ薄く塗り広げておいて,5分ほど経ってからギューっと押し付けると,完成です。

二酸化硫黄をつくりましょう

35mm球を黄色に塗ると,硫黄原子モデルのできあがりです。

30mm球を赤に塗ったものが,酸素原子です。

硫黄原子を28mmの孔定規においてから,第1面を切ります。その後,120度の角度定規を使って第2面を切ります。

発泡スチロール球を1億倍の原子模型と見立てるときに

酸素原子も28mmの孔定規においてから切ります。2つ用意します。

木工用ボンドを断面に塗って接着すると完成です (^ω^)