発泡スチロール球で,メタンの分子模型をつくりましょう

イッセイです。家庭で使うガスコンロの燃料として都市ガスを使っている地域があります。都市ガスの主成分はメタンです。その1億倍の分子模型をつくりましょう。

メタンの材料をつくりましょう

35mm球を黒く塗ったら炭素原子です。

炭素原子が正四面体の中心で,正四面体の4つの頂点に水素原子がある形がメタン分子です。

モルックスでの4面体の炭素を,発泡スチロールを切って表現していきます。

発泡スチロール球を1億倍の原子模型と見立てるときに

モルックスで,メタンと塩化水素をつくりましょう

孔定規の24mmの穴に炭素原子を置きます。

切ったら,これが第1面です。

第1面を角度定規のおでこにあててから,24mmの孔定規に置いて,切ります。

これが第2面です。

二つの断面に,角度定規のおでことひさしをぴったり合わせていきます。
角度定規に密接させるように押さえながら切ります。

できた二つの面を角度定規のおでことひさしにぴったりくっつけます。

また24mmの孔において切ります。これが第3面です。

まだ切っていない方向を真下に向けて,2面を角度定規にぴったりあてます。こうして切ると第4面を切ることができます。

メタンの材料

水素原子は,25mm球を半分に切ったものです。4つ用意します。

メタンの完成です

炭素原子の断面に木工用ボンドをつけて,水素原子の断面を押し当ててクリクリすると,互いに薄くボンドを伸ばすことができます。

ここでそのままつけたくなりますが,一旦離して,5分ほど待ってください。それからギューっとねじこむように押し付けるとぴったり接着できますから。

5分以上経って,貼り合わせるのを忘れて完全に乾いてしまって「しまった!」となっても,また,木工用ボンドを塗ればいいです。「より強力にくっつけることにしよう」ってことにしましょう (^ω^)

MolViewでも,グリグリ動くメタンの分子模型を作ることができます。

ブラウザで動くフリーソフトのMolViewで,分子模型をコンピュータでグリグリしちゃいましょう