発泡スチロール球で,酢酸をつくりましょう

イッセイです。酢の元の酢酸の1億倍の分子模型をつくりましょう。

酢酸の構造

酢酸は,炭素2つ・水素4つ・酸素2つでできた分子です。

CoAに結合してアセチルCoAとなったりするのを表現するためには,C1につくOHをとりはずしができるように作るとよいです。

酢酸をつくる原子の準備をしましょう

炭素原子は35mm球を黒く塗ります。

酸素原子は30mm球を赤く塗ります。

水素原子は25mm球を半分に切ります。

発泡スチロール球を1億倍の原子模型と見立てるときに

発泡スチロール球にペンキで色を塗りましょう

ふたつの炭素原子は次のように切ります。

炭素原子の切り方(C1)第1面第2面第3面
角度定規120度120度120度
孔定規28mm28mm24mm
炭素原子の切り方(C2)第1面第2面第3面第4面
角度定規109.5度109.5度109.5度109.5度
孔定規28mm24mm24mm24mm

酸素原子のうち二重結合のほうは,28mmで1回切ればおわりです。

酸素原子の切り方(=O)第1面
孔定規28mm

OHになる酸素原子は,接するように24mmで2回切ります。

酸素原子の切り方(-OH)第1面第2面
孔定規24mm24mm

酢酸を組み立てましょう

C1C228mmでくっつけます。

C2の3つの断面には水素をつけます。

C1の28mmに,28mmで1回きった酸素(=O)をつけます。

C1の24mmの断面には(-OH)をつけます。

OHをとりはずせるようにする場合

とりはずしのできる発泡スチロール球の分子模型をつくりましょう

私は,C1に押しピンを接着し,OHの酸素にネオジム磁石を埋め込みました。

MolViewでつくった分子模型です。