発泡スチロール球で,O型の抗原(糖鎖)をつくりましょう

O-type antigen

イッセイです。細胞の表面には糖でできた鎖がのびています。その糖鎖を目印に細胞や抗体は,「これは俺だよ」とか「これは敵だよ」とか判断しているようです。そのうちの一つが,血液型を示す糖鎖です。O型の糖鎖を糖を組み合わせることによってつくってみましょう。

目次

O型の抗原をつくる糖をつくりましょう

O型の抗原は,フコース・ガラクトース・N-アセチルグルコサミン・ガラクトースでできています。

ストライヤー生化学 (第8版)』には,糖鎖を構成している糖の順番は載っていますが,α2などと書いてあるだけで,どちらの糖のα2がどこにつくのかが私にはわかりませんでした。

困ってしまって検索をしていたところ,生化学工業株式会社の第7回血液型には,それぞれの糖がどこでどのように結合しているかの記載がありました。

そこで,それぞれの糖の構造は『ストライヤー生化学 (第8版)』に,糖の結合は第7回血液型によることにしました。

n-acetylglucosamine

発泡スチロール球で,N-アセチルグルコサミンをつくりましょう

発泡スチロール球で,β-D-ガラクトースをつくりましょう

発泡スチロール球で,フコースをつくりましょう

まずは,上記の糖の作り方によって,フコース1つ,ガラクトース2つ,N-アセチルグルコサミン1つをつくりましょう。

糖を組み合わせてO型の抗原をつくりましょう

糖を順番に並べましょう

(1)フコース(2)ガラクトース(3)N-アセチルグルコサミン(4)ガラクトースの順番に並べます。

(4)のガラクトースが細胞膜につく方で,(1)のフコースが先っぽです。

O-type antigen

それぞれの糖には名前札をつけています。自分で作った分子模型なのに,すぐにどれがどれだかわからなくなってしまうからです。

分子模型につける名前札

授業で使う分には名前札をつけたままでも大丈夫だと思います。

name tag
外すことができます

簡単に緩めることのできる名前札にしていますから,ここでは外してみます。

O-type antigen
名前札を外しました

結合させるためにHやOHを外します

O-type antigen
結合させる準備をしています
  1. フコースから,C1につけているOHを外します。
  2. ガラクトースから,C1につけているOHと,C3につけているHを外します。
  3. N-アセチルグルコサミンから,C1につけているOHと,C3につけているHを外します。
  4. ガラクトースから,C3につけているHを外します。
O-type antigen
結合させていきます

それぞれ,C1C3につけていきます。

O型の抗原の完成です

O-type antigen
O型の抗原

O型の抗原ができあがりました!