発泡スチロール球で,NADをつくりましょう

イッセイです。重要な補酵素の一つであるNADの分子模型を発泡スチロール球で作りましょう。

目次

NADの構造式

NADは,Nicotinamide Adenine Dinucleotide の略です。

カタカナだと,ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドです。

酵素が働く時に必要な物質=補酵素の一つです。NADがないと動けない酵素があるので,体にとって大事な物質です。

NADの構造式は以下のものです。

Nicotinamide adenine dinucleotide
NADの構造式

ジヌクレオチドというのは「ヌクレオチドが二つある」という意味です。

ヌクレオチドとは,紫で囲んだ部分です。NADは,「リン酸と糖と複素環塩基」の1セットが2つあるのです。

Nicotinamide adenine dinucleotide
ヌクレオチド(紫色)が二つあります

NADの部品を色分けしてみました。

Nicotinamide adenine dinucleotide

アデニンを含むヌクレオチドと,ニコチンアミドを含むヌクレオチドがくっついたものとなっています。

NADを組み立てましょう

NADの部品を,以下のページをもとに作って準備しましょう。

発泡スチロール球で、ビタミンB3(ニコチン酸)をつくりましょう

発泡スチロール球で,アデニンを作りましょう

発泡スチロール球で,リン酸をつくりましょう

発泡スチロール球で,リボースをつくりましょう

アミノ基の作り方

窒素原子の切り方(N1)第1面第2面第3面
角度定規120度120度120度
孔定規24mm24mm24mm

水素原子は半分に切っておきます。

2つの水素を窒素原子に木工用ボンドで接着しましょう。

窒素原子に1カ所磁石を埋め込んでおくと,アミノ基の完成です。

磁石を埋め込んだアミノ基

とりはずしのできる発泡スチロール球の分子模型をつくりましょう

リン酸をむすぶ酸素原子

リン酸同士を結合させるための酸素原子は,接するように24mmで2回切って,断面に磁石を埋め込んで作成します。

O
2つの断面の両方に磁石を埋め込みます

部品を並べましょう

NAD Components
NADの部品

ニコチンアミドをつくります

ニコチン酸の横にアミノ基をおきました

ニコチン酸の酸素を外してアミノ基をつけます。

ニコチンアミドの完成

すると,ニコチンアミドの完成です。

ヌクレオチドを二つつくりましょう

2つのヌクレオチド

塩基とリボースとリン酸をつけて,二つのヌクレオチドをつくります。

NADの完成です

Completed NAD
完成したNAD

二つのヌクレオチドのリン酸同士を結合させると,NADの完成です。

MolViewでもNADを作ってみました。

ブラウザで動くフリーソフトのMolViewで,分子模型をコンピュータでグリグリしちゃいましょう