発泡スチロール球で、ビタミンB3(ニコチン酸)をつくりましょう

イッセイです。ビタミンB3とも,ナイアシンとも言われる,ニコチン酸を作ってみましょう。

目次

ビタミンB3(ニコチン酸)の構造

ニコチン酸は、炭素原子6こ、水素原子5こ、窒素原子1こ、酸素原子2こでできた分子です。

ストライヤー生化学』に載っているビタミンB3をもとに描いた構造式です。

Nicotinic acid
ビタミンB3(ニコチン酸)の構造式

ニコチン酸アミドにしたり、NADの部品にしたりしたいので、橙色の部分を取り外しができるように組み立てることにしました。

とりはずしのできる発泡スチロール球の分子模型をつくりましょう

イオン化していないニコチン酸は,橙色の部分が違います。C7につくのはOHで,N1につくHはありません。

ニコチン酸をつくる準備をしましょう

窒素原子は30mm球を青く塗ります。

炭素原子は35mm球を黒く塗ります。

酸素原子は30mm球を赤く塗ります。

水素原子は25mm球を半分に切ります。

発泡スチロール球を1億倍の原子模型と見立てるときに

発泡スチロール球にペンキで色を塗りましょう

窒素原子の切り方

窒素原子の切り方(N1)第1面第2面第3面
角度定規120度120度120度
孔定規24mm24mm24mm

炭素原子の切り方

炭素原子の切り方(C2)第1面第2面第3面
角度定規120度120度120度
孔定規28mm24mm24mm
炭素原子の切り方(C3)第1面第2面第3面
角度定規120度120度120度
孔定規28mm28mm28mm
炭素原子の切り方(C4)第1面第2面第3面
角度定規120度120度120度
孔定規28mm28mm24mm
炭素原子の切り方(C5)第1面第2面第3面
角度定規120度120度120度
孔定規28mm28mm24mm
炭素原子の切り方(C6)第1面第2面第3面
角度定規120度120度120度
孔定規28mm24mm24mm
炭素原子の切り方(C7)第1面第2面第3面
角度定規120度120度120度
孔定規28mm28mm24mm

酸素原子の切り方

単結合の酸素は,24mmで1回切ります。こちらは,アミド基と交換する予定なので,取り外しができるようにします。

二重結合の酸素は28mmで1回切ります。

ニコチン酸を組み立てましょう

Nicotinic acid
ビタミンB3(ニコチン酸)の構造式

まずは,N1C2〜C6で六員環を組み立ててみます。六角形になるようだったら断面に木工用ボンドを塗って,薄く広げて5分待ちます。乾く直前にギューっと押し付けるとすぐにくっつきます。

Six-membered ring
六員環をつくります

C3C7をつけたら骨格の出来上がりです。

ビタミンB3(ニコチン酸)のできあがり

骨格に,酸素と水素をくっつけていきましょう。

Nicotinic acid before
C7への酸素とN1への水素を取り外せるようにしました。

C7につける酸素には磁石を埋め込み,C7には押しピンをくっつけます。

また,N1の窒素に磁石を埋め込み,Hに押しピンをくっつけます。

Nicotinic acid
ビタミンB3のできあがり

十分に乾いてから,それぞれくっつけると,ビタミンB3の完成です。