モルックスで,アミノ酸の一つ,ロイシンをつくりましょう

イッセイです。モルックスを使って,ロイシンをつくりましょう。

目次

アミノ酸の共通構造をつくりましょう

私たちの体に含まれるタンパク質は,アミノ酸がつながった鎖の構造をしています。

タンパク質の材料になるアミノ酸には,20種類あります。

アミノ酸には共通構造があります。

Common structure
アミノ酸の共通構造

真ん中の4面体の炭素原子の頂点には,そのアミノ酸に特長的な原子たちがつきます。そこで,共通ではないのでジョイントをつけただけにしています。

奥に水素原子,右下に酢酸と共通の原子たち(カルボキシル基),左下に窒素と水素2この原子たち(アミノ基)がついています。

4面体の炭素に四種類の異なる原子たちがつく場合,右足と左足の靴みたいな似ているようで違う分子ができます。そこで,このくっつける順番はとても大事です。

モルックスで分子模型をつくるときには,不斉炭素原子というものに注意しましょう

とても面倒ですが,生物は厳密に区別しているので,しかたありません。

モルックスの写真だけではわかりにくいので,原子ブロックを図にしてみました。

Common structure
図で示したアミノ酸の共通構造

原子ブロックにつけた数字は何面体かということでみてください。色は,原子ブロックの種類です。

黒は炭素,赤は酸素,青は窒素,白は水素です。

以下の順番で組み立てたら間違えないでしょう。

  1. 4面体の炭素原子を手に取る
  2. 頂点を意識して,持つ
  3. 向こう奥に水素をつける
  4. 右側にカルボキシル基をつける
  5. 左側にアミノ基をつける

ロイシンにしましょう

Leucine
ロイシンの構造

ロイシンは,アミノ酸の共通構造に4面体の炭素が4つとその周囲の水素でできたものがくっついています

4面体の炭素を3つ用意します。

そのうち両側の二つには3つの水素原子ブロックをつけます。

真ん中には1つだけ水素の原子ブロックをつけます。さらに,その下に炭素の原子ブロックをつけます。一番下につけた炭素の原子ブロックには,水素の原子ブロックを2つつけます。

こうして側鎖の部分ができました。

これをアミノ酸の共通構造にくっつけると,ロイシンの完成です。

ロイシンの完成