ブラウザで動くフリーソフトのMolViewで,分子模型をコンピュータでグリグリしちゃいましょう

Webブラウザ上で分子模型を描きだして,グリグリすることが,MolViewでできます。

MolView

ブラウザで動く分子模型のソフトはないものかと検索したところ,MolViewにたどりつきました。

マニュアルなどの記載が画面の下の方にあります。とはいえ,とりあえず,「Close」をクリックして画面を消します。

スタート画面

すると,ニコチン分子がスタート画面になっています。

画面の左側が「構造式を描く白い画面」で,右側が「構造式を3Dにした黒い画面」です。

左上のゴミ箱を選択します

左上のゴミ箱のアイコンを押すと「構造式を消す」ことができます。

虫眼鏡のアイコンのところに,ここでは「oxygen」と入れてみました。すると,候補が下にでてきます。そこで,oxygenを選びます。

「Model」をクリックして,「van del Waals Spheres」を選ぶと空間充填モデルの表示となります。

酸素分子ができました

酸素分子が表示できました。分子をドラッグすると,分子模型をグリグリできます (^ω^)

エタノール分子を表示してみましょう

検索画面にethanolと入れてみます。

すると,すぐにエチルアルコールを表示することができました。

英語名を入力したら分子模型を表示できるMolView!

表示したい分子の英語名を和英辞典などで調べることさえできれば,少なくとも基本的な分子は分子模型にすることができるようです。なんて,すばらしい!

動画に操作をまとめてみました。