iPhone用のジンバル:Osmo Mobile 2 は,いいですよ。

イッセイです。ジンバルを使って撮影すると,ほとんどブレない動画がとれます。いいです!

試合の動画をどのように共有するかで困っていました

以前は「ビデオカメラで動画を撮影し,ブルーレイレコーダーに入れてからブルーレイに焼く」という作業をして,試合の動画を配っていました。

しかし,ここにはいくつかの難点がありました。

  1. 録画予約が入っていない時間でないと,ブルーレイレコーダーにデータを移せない
  2. 配りたくても,ブルーレイを持っていない人がいる
  3. ブルーレイを持っていても,機種の相性があり,読みこめない場合がある

ブルーレイを配っても機種の相性があって読み込めないことがしばしば起きると,それはもう決定的でした。

何か別の方法で動画を共有した方がよさそうだと感じました。

そんなとき,道場生が〈iPhoneで撮影してもらった動画を試合会場で見ている〉のをみかけました。iPhone上で拡大したりしながら自分の動きを確認している様子を見ていると,「こっちの方がもらったあとの活用もしやすそうだな」と思えてきました。

そこで,iPhoneで撮影して,LINEで配るということを始めることにしました。

LINEなら,グループへの動画の共有が楽です。それにブルーレイのようにディスク代が発生しません。ただし,一日に1GBまでの配信となります。

共有が楽になると,ブレの少ない動画を撮影したくなります。

そこで,ジンバルを購入することにしました。

iPhone用に買ったジンバル

私が購入したのは,DJIという会社の Osmo Mobile 2 というジンバルです。

「そもそもジンバルとはなんぞや」というと,ビデオカメラの手ブレを消してしまおうという機械のことです。

カメラを横に振っても,縦に振っても,写したいものに向けて向いています。

また,歩きながら撮影しても,ほとんどぶれません。

Osmo Mobile 2 について

発泡スチロールのケースがついていて保管がバッチリです

私はAmazonで購入しました。

開けるとジンバルがでてきます

iPhoneをホルダーに差し入れます。

ふたつのノブがついています。ノブをゆるめてから,バランスをとります。

バランスのとれた状態

私は横向きにセットして使っています。縦向きもできるそうです。

ボタン

一番下のボタンを長押しすると,Osmo Mobile 2 が起動します。

ビクッグググって感じがかっこいいです (^ω^)

左上の黒いのは,Osmo Mobile 2 の向きを調整するものです。たとえば,この黒いのを右に動かすとカメラも右に向いていきます。

DJI GO というソフトをiPhoneに入れるときに使うのが,録画ボタンやズームボタンです。手元で操作できるというのはよい機能だと思います。

ただ,私はiPhoneに付属しているカメラというソフトの使い方に慣れているので,DJI GO は使わずに,カメラで撮影をしています。

iPhoneを充電しながら撮影することができます

Osmo Mobile 2 は,iPhoneを充電しながら撮影することもできます。

最初の頃は,そんな使い方をしていました。でも,しばらくするとそれもしなくなりました。

なぜなら,iPhoneの電池自体がもっているし,充電しながらジンバルとしても機能させていると,Osmo Mobile 2 の電池の消費が早くなっていたからです。

Osmo Mobile 2 を愛用しています

総合的な感想としては,とても愛用していますということになります。

空手の試合だと,朝から夕方まで一日持っていることが多いです。

バランスがうまい具合にしてあるためか,長く持っていても私は重さがそこまで気になりません。

選手を応援していて体が動いたとしても,ブレずに撮影できているという安心感が先になるようになりました。

先日は,バドミントンの地区大会の試合にも撮影に持っていきました。

バドミントンは一つの試合に時間がかかります。それでも電池の残量を気にすることもなく,余裕で撮影することができました。すばらしいことだと思います。