サラセニア・ロイコフィラの花を切ってみました

サラセニア・ロイコフィラ(Sarracenia leucophylla)の花を切ってみることにしました。

ロイコフィラの花を切ってみることにしました

食虫植物のサラセニア・フラバの花を切ってみていて,「それなら,ロイコフィラだったらどうなの?」と思いました。

同じサラセニアですから,形は似ています。だから,同じ作りかもしれません。

しかし,違うかもしれません。

さて,どうなっているのでしょうか。

サラセニア・ロイコフィラの花

ロイコフィラは,赤紫色の花です。あまり匂いはしません。

サラセニア・フラバに形はよく似ています。

めしべ

裏返して雌しべをみてみました。

5本の筋が見えます。筋が合流するところが雌しべの軸があるところです。

よって,この合流するところにナイフを入れて,えいやっ!と切っていきました。

花の断面

傘のようになった雌しべに隠れたように雄しべがあるのが見えました。

micro-boyで観察してみました。

雌しべの柱頭

傘のような雌しべの先端の割れ目の部分に,フラバと同じように柱頭がありました。

こんなところに柱頭があるということは,花粉は,雌しべの根本にある卵細胞まで花粉管を伸ばさなきゃいけないってことです。すごいなって思いました。