SONYのICレコーダーを追加購入しました

イッセイです。SONYのICレコーダのICD-UX560Fを使っていました。動かなくなり,ICD-PX470Fを購入しました。ただ,原因は別にありました。

ICレコーダーを買いました

右が,以前から使っていたICD-UX560Fです。

起動するのに1分以上かかるようになり,起動してからも動作が不安定となりました。リセットの方法など探しましたが,どうにも戻りません。

仕方ないので,今回購入したのが左側のICD-PX470Fです。

ICD-PX470Fを初期設定する時に,途中で560Fから抜き出したmicroSDを挿しました。すると,起動が止まります。

初期不良なのだろうか!と焦りました。でも,microSDを抜くとちゃんと起動しました。

「microSDとの相性が悪いんだな」と判断しました。

それにしても,厚みに差がありすぎです。びっくりしました。

これは,単4電池で駆動するかどうかの違いです。

質感は,値段が高い560Fの方があります。値段に相当する高級感です。

470Fは,厚みがある分,スピーカーがきっちり入っているのが良い感じです。

USBで両方ともコンピュータに直接つなぐことができます。

microSDを初期化しようとしたら

「相性が悪いmicroSDも,初期化したらいいのではないか」と思いつきました。

しかし,470Fに挿すと470Fがフリーズして動かなくなるので,初期化ができません。

それならと,560Fに挿し直して初期化しようとしました。すると,それでも,フリーズしそうになります。

「ひょっとして,microSDが原因だったのかもしれない」と思いついて,抜いてから再起動してみたら,なんと素早く560Fが起動したのでした。

560Fは壊れていたわけではなく,microSDが壊れていたのでした。

うーん,なんのために新しいのを買ったんだろう。

たまに操作を誤って授業の様子を録音し損ねることがありました。それを防ぐために2つ同時に録音することにしようかな。「そのために買ったんだ」ということにするしかないかなあ。