ユニクロのセルフレジのすばらしさ

カゴにはいった商品の種類と数を一瞬で認知して,合計金額を算出します。すげー! RFIDというそうです。

ユニクロのセフルレジ体験

久しぶりにユニクロに行って買い物をしました。

レジに近づくと,「セルフレジ」とあります。

「ああ,あれか。バーコードをバーコードリーダーに1個ずつ読ませるやつね,めんどくさ」と思いつつ,指定の場所に買い物かごをおきました。

すると,一瞬で「何が何個あるから,合計いくらだよ」というのを出してくれたのです。

「え!何の操作もしてなくて,ただ置いただけだよ!」

大変驚きました。そして,「これは,駅の自動改札と同じように電波を使っているな」とも予想をしました。でも,驚きの方が大きかったです。

レジの革命ですね。

どこにタグがつけてあるの?

一見したところ,商品とバーコードがあるだけで特に特別なものは見当たりません。

しかし,透明な袋だと裏にはりつけられた値札の裏側がみえました。

値札の裏がみえた

なにやら仕込んであります!

紙に貼り付けられていた値札はなんとかはずせました。

模様のようなものは銀色でピカピカした色をしています。

金属です。

となると,この文様のようなものは,アンテナです。

改めて値札を見てみると,RFIDという文字と(ICタグ)という文字が書いてありました。どうもこれがキーワードのようです。

早速検索してみると,デンソーのページが詳細でした。「SUICAなどの自動改札と同じ仕組みなんだな」と理解できました。

中心部をmicro-boyという双眼実体顕微鏡で拡大してみました。

さらに中心部を柄付き針で慎重にこすってはがしてみました。

すると,「これがICだな」というものがでてきました。

未来のレジ

スーパーのレジにもRFIDがやってくると,革命的なことになりそうです。でも,ICの値札の元が取れるような値段の商品でないといけません。

商品一個一個にICをつけるのは,かなり費用がかかるはずですから。

その点,ユニクロはものすごく頑張っているに違いないと思いました。

そして,ユニクロのレジに未来のレジを見たように思いました。